Bài tập

    • 問題1(10点):

      次の文章を読んで、質問に答えなさい。答えは、1・2・3・4から最も よいものを一つ選びなさい。

      問題1:

      日本語では「する」という言い方よりも「なる」という言い方のほうが好んで使われる。「する」を使うと話し手の意志があることが伝わり、「なる」を使うと話し手の意志ではなく自然に起きた、そのような状態にあるということが伝わる。

      例えば、禁煙のレストランで一人客がタバコを吸っている場面で、店側は何と言ってタバコをやめてもらうだろうか。このレストランを禁煙と決めたのは店の人だ。店の人の意志でそのレストランんを禁煙にしたはずだ。それならば、「ここは禁煙にしております。」というのが自然に思える。しかし、この「~にする」は上に書いたとおり、話し手の意志が強く伝わる。この場面では、相手の「タバコを吸う」という行動を対立する意志が強く表現されてしまう。その結果、相手を怒らせてしまうかもしれない。一方、「ここは禁煙になっております」というと、自分の意志とは関係なく、単にレストランの決まりを伝えているという形になり、相手と対立するような形にはならずに言いたいことを伝えられる。

      このように日本人は「なる」をうまく使うことで、人と対立しないようにしているのだ。「する」と「なる」は文字で見るとたった一文字の小さい違いだが、コミュニケーションの上では大きな違いなのである

      問1:

       話し手の意志のあるとあるが、どういうことか。

      問2:

      上に書いたとおりとあるが、どこを指しているか。

      問3:

      この場合の店の人の一番の目的はは何か。

      問4:

      この文章の内容として正しいものはどれか。

    • 問題2(5点):

      次の文章を読んで、質問に答えなさい。答えは、1・2・3・4から最も よいものを一つ選びなさい。

      問題1:

      今、一つの家で家族以外の人と一緒に暮らすシェアハウスという住宅が増えている。シェアハウスとは、アパートのように自分用のかぎ付きの部屋はあるが、台所や居間、シャワー、トイレなどは共同で使う住宅である。

      家賃は周りのアパートなどと同じ程度だが、共同部分があるため、部屋に冷蔵庫などを置く必要がなく、自分の部屋を広く使える。また、一人暮らしの自由を楽しめるだけでなく、共同部分でほかの住人と交流ができるため、さびしさや不安も少なくなる。仕事も国も年齢も違う人と一緒に過ごせば、おもしろい発見があるかもしれない。

      ただし、快適に生活するためにはいくつか注意点がある。入る前に、必ず見学をして、そこに住んでいる人と自分の生活のしかたが合うかどうかを確認することだ。年齢や職業もチェックしたほうがいい。共同部分の使い方についても、どのような決まりになっているかを知っておきたい。掃除、音などで問題が起きることもあるからだ。また、ベッドなどの家具や洗濯機などの電気製品が付いているかどうかも確認したほうがいい。付いている場合は、入るときにこれまで持っていたものを手放さなければならず、出た後は、買う必要がある。入る前に、以上の点の注意しておけば、失敗が少ないだろう。

      問1:

      この文章のシェアハウスの説明を合っているものはどれか。

      問2:

      シェアハウスのよい点はどんなところだと言っているか。

      問3:

      シェアハウスに入るときの注意点で本文と合っているもはどれか。

      問4:

      この文章を書いた人が伝えたいことは何か。

    • 問題3(5点):

      次の文章を読んで、質問に答えなさい。答えは、1・2・3・4から最も よいものを一つ選びなさい。

      問題1:

      「エネルギー祭り」のご案内

      ABC市では、ゴールデンウィーク(4月29日~5月5日)の1週間、「エネルギー祭り」を行います。太陽エネルギーを利用して電気を作る「太陽光発電」を知り、エネルギーを考えるイベントです。

      太陽エネルギーには、なくなることがない、空気を汚さない、「ただ」で地球上のどこでも得られる、という長所があります。今、問題になっている地球温暖化おんだんかの主な原因である二酸化炭素にさんかたんそ(CO2)を出さないものです。このお祭りでは、太陽エネルギーを利用した発電装置はつでんそうち(注1)のある住宅や電気自動車などのモデルを通して、毎日の生活の中で太陽エネルギーがどう役立つかを実感じっかんする(注2)ことができます。

      政府も、太陽光発電を進める方針(注3)を示し、その利用量を10年後の2020年には居間の10倍、2030年には40倍にすることを目標としています。さらに、太陽光発電装置を買う人には、そのためのお金を援助します。

      子どもたちが日本、そして地球の環境を考えるきっかけになるこのイベントに、 ぜひご家族で参加してください。

      期間:4月29日~5月5日

      日時:10:00~16:00

      場所:市役所前広場

       <電気自動車乗車会>

      毎日 ①12:00  ②13:00  ③14:00  ④15:00

      (1回5分の乗車で、各回先着(注4)10人まで)

      会場へは車を使わず、バスや自転車の利用をお願いします。

      ABC市環境課

       

      • 装置:機械やしくみ
      • 実感する:実祭りのことのように感じる
      • 方針:あることをする際の、だいたいの方向・考え方
      • 先着:早く着くこと 
      問1:

      「エネルギー祭り」の目的は何か。

      問2:

      太陽エネルギーの特徴といえないものはどれか。

      問3:

      政府の方針はどれか。

      問4:

      電気自動車に無料で乗るにはどうすればよいか。

  • Nộp bài Làm lại

Bắt đầu học

Tìm kiếm

Hướng dẫn trước khi học

Bắt đầu học